第14回脳をみるシンポジウムin三原

会員の皆様

「第14回脳をみるシンポジウムin三原」

 

1趣旨

 三原地域連携の産学官連携(本学,三原市,三原商工会議所,三原市医師会)により,地域の保健・医療・福祉の向上に寄与することを目的として,脳に関する最新の話題を提供する。高次脳機能,最新の認知症事情,人工知能など,脳や神経に関する話題を中心に,身近で,かつ先進的な幅広いテーマで開催する。

 

2シンポジウムの概要

テ ー マ 「人工知能とヒトの脳」

日  時  平成29年2月18日(土)13:30〜16:30

会  場  三原リージョンプラザ(三原市円一町2丁目1−1 TEL:0848-64-7555)

対 象 者  どなたでも参加可能(定員400名・先着順)

参 加 費   無料

開会挨拶   三原市長 天満 祥典(三原地域連携推進協議会長)

県立広島大学三原地域連携センター長  中谷 隆(脳をみるシンポジウムin三原実行委員会長)

講   演  座長 原田 俊英(県立広島大学理事・副学長,  教授),

奥崎 健(三原市医師会病院副院長)

演題及びシンポジスト  

(1)「脳と心の発達」 県立広島大学名誉教授 今泉 敏

(2)「最近の認知症事情」 済生会広島病院 医長 亀井 英一

(3)「リフレッシュタイム−音楽の中で−」

  有限会社ムジカ取締役,日本音楽療法学会認定 音楽療法士 中 くるみ 

(4)「人工知能は脳を超えるか」

県立広島大学経営情報学部経営情報学科 教授 市村匠(地域連携センター長)

閉会挨拶  三原市医師会病院副院長  奥崎 健

主   催 「脳をみるシンポジウムin三原」実行委員会・三原地域連携推進協議会

[県立広島大学(三原地域連携センター),三原市医師会,三原商工会議所,三原市]

後   援  エーザイ株式会社,エフピー株式会社,中国新聞備後本社,公益社団法人広島県看護協会,公益社団法人広島県理学療法士会,一般社団法人広島県作業療法士会,一般社団法人広島県言語聴覚士会,公益社団法人広島県介護福祉士会,三原市介護支援専門員連絡協議会,公益社団法人広島県診療放射線技師会

 

主催者
その他
受講対象者
広島県理学療法士会会員  他都道府県理学療法士会会員  保健医療福祉従事者  一般の方
開催期日
2017年2月18日
会場
三原リージョンプラザ
定員
400名
分類
その他の講習会 
地域
備北 
添付ファイル
添付ファイル(0)
ページトップ