理学療法士のこれからの働き方セミナー ―介護医療院で理学療法士に求められる4つの役割―

会員の皆様
 
理学療法士のこれからの働き方セミナー
―介護医療院で理学療法士に求められる4つの役割―
 
平成30年度介護報酬改定において、新たな介護保険施設として、介護医療院が新設されました。
今後、介護医療院への転換・増加が予測されるなかで、施設の人員基準におけるリハビリテーション職の配置は「適当数」となっており、その役割なども確立されていませんでした。
本セミナ―では、介護医療院・療養病床において求められる理学療法士の専門性や役割について学ぶことを目的としています。
 

【日時】2019年3月17日(日)  13:30〜16:05 (受付開始13:00〜)

 

【場所】TKPガーデンシティPREMIUM田町

東京都港区芝浦3丁目1ー21

msb Tamachi 田町ステーションタワーS4階(田町駅徒歩1分)

 

【対象】介護医療院・療養病床で働くまたは興味のある理学療法士(会員のみ)     先着200名

 
13:30〜13:40 開会挨拶
森本 榮(公益社団法人 日本理学療法士協会 副会長)
 
13:40〜14:20 基調講演「介護医療院の概要と理学療法士に期待すること」
鈴木 龍太氏(日本介護医療院協会 会長)
 
14:30〜15:30 シンポジウム「介護医療院で求められる理学療法士の働き方」
座長:松井 一人(公益社団法人 日本理学療法士協会 常務理事)
「状態に応じた多様な理学療法の実施」
亀田 さゆみ(介護医療院にしまるポッケ)
「多職種との協働における理学療法士の役割」
米沢 昌宏(鶴巻温泉病院)
「看取りに対応する理学療法士」
大崎 志帆(介護医療院恵寿鳩ケ丘)
「生活の場を理解した理学療法士の関わり」
嶋崎 眞治(永生病院)
 
15:30〜16:00 意見交換・質疑応答
 
16:00〜16:05 閉会挨拶
理学療法士のこれからの働き方セミナー
―介護医療院で理学療法士に求められる4つの役割―
 
参加費:無料
 
主催:公益社団法人日本理学療法士協会
 
申し込み先:https://questant.jp/q/kaigoiryoin
 
※本研修では、生涯学習ポイントの付与はありません。
 
【お問い合わせ】公益社団法人日本理学療法士協会  事務局職能課   吉倉・森
 
E-mail:shokuno@japanpt.or.jp催:公益社団法人日
主催者
日本理学療法士協会
受講対象者
広島県理学療法士会会員  他都道府県理学療法士会会員 
開催期日
2019年3月17日
会場
TKPガーデンシティPREMIUM田町
定員
200名
分類
その他の講習会 
地域
その他 該当なし
添付ファイル
添付ファイル(0)
ページトップ