第2回在宅リハビリテーション研究会

「募集要項」修正・変更のお知らせ

 

平成30年9月5日までにダウンロードされた方は、ご面倒ですが、再度ダウンロードしていただきますようお願いいたします。 →修正箇所

在宅リハにご関心をお持ちの会員の皆さま 

 

flyer image

昨年度、広島県理学療法士会では新たに「第1回在宅リハビリテーション研究会」を開催しました。

昨年に引き続き、第2回在宅リハビリテーション研究会を広島市西区民文化センターにて開催することとなりました。在宅で働く理学療法士が「在宅でのリハビリテーションの現場で自らが得た知見を発信する場」を設けることで、長年在宅で活躍されている方々、在宅に関わり始めて間もない方々との情報共有の場、学術的な部分においては新たな知見を増やし、深めていける場となることを目的としています。

皆様の演題ならびに学会へのご参加、心よりお待ちしております。

開催概要を以下にご案内いたします。

 

ご 案 内

日 時:2019年 1月 26日 (土)13:00  〜 17:00(受付開始12:30)

会 場:広島市西区民文化センタースタジオ

内 容:演題発表・討議

講 演:「認知症 〜理学療法士に求められること〜」

講師: 広島都市学園大学 

谷川良博准教授 (作業療法士)

参加費:  会   員  ※1:1,000円

  会 員 外  ※2:2,000円

  学   生  ※3:500円

  非 会 員        :10,000円

  ※1広島県理学療法士会会員  ※2県外会員、他職種 ※3学生証をご提示ください

 

演題募集について

 

発表形式: 研究・症例発表・活動報告

募集期間: 2018年9月1日(土) 〜 2018年11月22日(木)

○演題テーマ例​
 ‥ ゴール設定、活動と参加、介護・転倒予防、外来・通所・訪問の事例など

在宅リハビリテーション研究会演題発表キーワード例を参照ください)

 

**   応募方法など詳細は、   **

** 添付の募集要項をご覧ください **

【修正・変更前】

4.発表時間

発表10分・質疑応答10分の計20分の持ち時間とします。

【修正・変更後】

4.発表時間

発表10分・質疑応答5分の計15分の持ち時間とします。

 

■■■■   ご 注 意   ■■■

■■■■ 倫理的な配慮について ■■■■

演題の応募にあたっては必ず募集要項の、

「7.応募演題に関する倫理上の注意点」を

よくご確認ください。場合によりましては、

抄録の修正をお願いすることがございます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

ごあいさつ

 

第2回在宅リハビリテーション研究会を、平成31年1月26日(土)に広島市西区民文化センターにて開催することとなりました。

 

今年は診療報酬と介護報酬の同時改定がありました。診療報酬改定では、急性期においては早期離床・リハビリテーション加算の新設、回復期リハビリテーション病棟では、実績指数が引き上げられ、リハビリの質が問われる内容となっています。また、リハビリテーション計画提供料も新設され、介護保険への円滑な移行も求められています。介護報酬改定では、リハビリテーションマネジメント加算に医師の詳細な指示、訪問リハビリでは専任の常勤医師配置が要件化され、医師の関与が強化され、質の向上を求められています。また、介護予防にもリハビリテーションマネジメント加算などが適用され、要介護者を増やさないことも求められています。

いずれにおいても、国が進めています地域包括ケアシステムの構築に向けて、質の高いリハビリテーションを提供して、実績を出していくことが我々療法士に求められています。

 

さて、この研究会も今回が2回目となります。在宅で働く理学療法士が「在宅でのリハビリテーションの現場で自らが得た知見を発信する場」を設けることで、長年在宅で活躍されている方々、在宅に関わり始めて間もない方々との情報共有の場、学術的な部分においては新たな知見を増やし、深めていける場となることを目的に立ち上げられました。

昨年は第1回ということもあり、いろいろと準備不足なところがありました。昨年の反省を踏まえながら準備委員一同、在宅で活躍する方々の一助となるよう準備・運営に向けて取り組んでいく所存でございます。

 

特別講演には、広島都市学園大学の谷川良博准教授(作業療法士)をお招きし、『認知症』に関するテーマでご講演いただきます。全国の65歳以上の高齢者の認知症患者数は、2025年には約700万人、5人に1人が認知症患者となると見込まれています。広島県におきましても、2025年には約10万8千人になると見込まれています。このような時代を迎えるにあたって、我々理学療法士も認知症に対する知識や技術を身につけていく必要があると思います。

 

多くの方々に本研究会に参加いただきますよう、準備委員一同心よりお待ちしております。

 

第2回在宅リハビリテーション研究会

実行委員長 沖本 強

 

○       お問合せ先       ○
○  longtermcare@hpta.or.jp(三上)  ○

○  学会での発表経験がまだない方や、 ○

○  演題のテーマに関するご相談など、 ○

○  ご気軽にお問い合わせください。  ○

 

添付資料

1.募集要項

2.キーワード集

3.抄録テンプレート

4.開催案内ポスター

 

主催者
広島県理学療法士会
受講対象者
広島県理学療法士会会員 
開催期日
2019年1月26日
会場
広島市西区民文化センター
分類
学会 
地域
広島南 
添付ファイル
添付ファイル(4)