第11回訪問リハビリテーションフォーラム2018Part2

会員の皆様 

第11回訪問リハビリテーションフォーラム2018Part2

介護支援専門員とリハビリテーション専門職との協働に向けた役割

 

平成30年度介護報酬改定を受けて、介護支援専門員とリハビリテーション専門職とが、どの様に協働し、どの様に役割を果たしていくのかを協議いたします。

 

日  時:平成30年10月28日(日)10時00分~(受付開始9時30分~)

会  場:JA・AZMホール本館2階大研修室(宮崎県宮崎市霧島1-1-1)

対象者 :介護支援専門員、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士

定  員:200人(申込は先着順。定員に達した場合のみ連絡をします。)

参加費 :会員2000円・非会員4000円

プログラム:

1. 開会式(10:00~10:10)

挨拶: (一社) 日本言語聴覚士協会会長 深浦 順一

   (一社) 宮崎県介護支援専門員協会会長 牛谷 義秀

 

2.特別講演(10:10~11:30)

「平成30年介護報酬改定を受けての検証:協働に向けた役割」

講師:埼玉県立大学大学院保健医療福祉学研究科兼研究開発センター教授 川越 雅弘 氏

司会:(公社)日本理学療法士協会 副会長 斉藤 秀之

 

3.シンポジウム(11:40~12:40)座長:(一社) 日本介護支援専門員協会 副会長 小原 秀和

「介護支援専門員とリハビリテーション専門職との協働の実態」

・退院における訪問リハビリテーションとの協働

・ターミナル期における訪問リハビリテーションとの協働

・訪問リハビリテーションにおける社会参加への協働

 

4.グループワーク(13:30~15:50)司会:(一社)日本介護支援専門員協会 常任理事 坪根 雅子

 

「退院時における介護支援専門員とリハビリテーション専門職との協働について」

 

5. 閉会式(15:50~16:00)

閉会挨拶:(一社) 日本作業療法士協会 常務理事 三澤 一登

     (一社) 日本介護支援専門員協会 会長 柴口 里則

 

*介護支援専門員の参加者には受付にて参加証明書を配布します。

*宮崎県については、主任介護支援専門員更新研修の受講要件を満たす研修です。

(なお、他の都道府県については、各都道府県庁にご確認ください。)

プログラムは、予告無く変更することがありますのでご了承ください。

主催者
その他
受講対象者
広島県理学療法士会会員  他都道府県理学療法士会会員 
開催期日
2018年10月28日
会場
JA・AZMホール本館2階大研修室
締切:
平成2018年10月20日
定員
200名
分類
その他の講習会 
地域
その他 該当なし
添付ファイル
添付ファイル(1)
ページトップ