第1回広島東支部症例検討会 開催のお知らせ

平成30年 8月

公益社団法人 広島県理学療法士会

会員の皆さま

公益社団法人  広島県理学療法士会

会    長 高橋 哲也

西部地区局長 木村 和則

広島東支部長 麻野 佑樹

 

第1回 広島東支部 症例検討会のお知らせ

拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。平素はご格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、第1回広島東支部症例検討会を下記の要項で予定しております。今回は、右上腕骨顆上骨折に対して手術を施行し、日常生活動作の改善へ向けて理学療法を行っている1症例です。関節可動域の制限は時期や分野を問わず、各種機能不全から日常生活の制限に直結する因子になりえると考えられます。故にあらゆる分野の先生方が対象となり、理解を深めておく必要があるのではないでしょうか?コメンテーターには医療法人社団 楓会 林病院の溝口裕章先生をお招きし、症例の捉え方や考え方を解説していただきながら、関節可動域制限の基礎知識に対する座学を交えたご講義をしていただきたいと思います。

ご多忙の折、誠に恐縮ではございますが、万障お繰り合わせの上、ご出席賜りますようお願い申しあげます。

敬具

日 時:平成30年10月19日(19:30〜21:00

会 場医療法人 JR広島病院  3階 大会議室

テーマ:右上腕骨顆上骨折術後 右肘関節屈曲制限に着目して治療した症例

症例提供者:坂本 拓則 氏(おかもと整形外科スポーツクリニック 理学療法士)

コメンテーター:溝口 裕章 氏(医療法人社団 楓会 林病院 理学療法士

参加費:会員=無料  会員外=500円  非会員=5000円(会員は本会会員、会員外は他職種・他都道府県PT協会会員、非会員は一般市民・PT協会に加入していないPT)

※定 員:50人(参加者多数の場合は先着順とさせていただきます)

【申し込み】

件名を『第1回広島東支部症例検討会 申し込み』と記載し、1.参加者名 2.所属 3.会員番号 を明記の上、EメールまたはFAXで下記連絡先までお申し込み下さい。

会員外の方の場合は、上記3会員番号の代わりに職種をご記入ください。

【連絡先】

広島東支部事務局  中村 宛

Eメール:hiroshimahigashi_saiseikai@yahoo.co.jp 

TEL082-884-2566  FAX082-820-1746

【締め切り】   10月3日(水) 

以上

主催者
広島県理学療法士会
受講対象者
広島県理学療法士会会員  他都道府県理学療法士会会員  保健医療福祉従事者  一般の方
開催期日
2018年10月19日
会場
JR広島病院
締切:
平成2018年10月3日
定員
50名
分類
その他の講習会 
地域
広島東 
添付ファイル
添付ファイル(0)
ページトップ