「心臓いきいき在宅支援施設」募集要項

会員の皆様

平成30年度広島県心不全患者在宅支援体制構築事業

「心臓いきいき在宅支援施設」募集要項

 

1.背景

広島県では平成23年度から、心不全患者の再入院予防および生活の質の維持を目的に、「心臓いきいき推進事業」を行ってきた。これまで、医療・介護従事者には「広島県心臓いきいきキャラバン研修会」を通じて、心不全管理に関する知識の啓発を行ってきた。今年度も昨年度の引き続き、地域における心不全診療の基盤ネットワークの強化を図るため、「心臓いきいき在宅支援施設」を設置することとなった。

 

2.心臓いきいき在宅支援施設の設置目的

高齢化社会に伴い、増加が予測される慢性心不全患者の重症化予防およびQOLの維持を図るため、地域における心不全の疾病管理連携基盤を整備することである。

 

3.心臓いきいき在宅支援施設の役割

1)地域における包括的心臓リハビリテーションの提供※1

2)心不全増悪の早期発見と介入による重症化予防

3)急性期医療を担う医療施設との連携強化

を図る役割を担う。

 

※1「地域における包括的心臓リハビリテーション」とは、心不全患者が在宅の場で、セルフモニタリングや内服の遵守、食事管理、至適運動・活動の維持、感染予防などの心不全管理を継続できるように支援すること。

 

4.認定方法

対象施設:心臓いきいき在宅支援施設の目的・役割を理解し、心臓いきいき推進事業へ参画する意思のある病院、診療所(歯科を含む)、保険薬局、訪問看護ステーション、地域包括支援センター、居宅介護支援事業所とする。

対象職種:医師、歯科医師、薬剤師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、管理栄養士、保健師、介護支援専門員(基礎資格に前記いずれかの医療資格を有するもの)である。

認定条件:?対象施設の対象職種1名以上(同一人物)が、施設の代表者として、心臓いきいき在宅支援施設認定講習会(2回完結型)を受講する。

     ?2回の講習会受講後、申込期間中(p4記載)に施設認定の申請書を提出する。

     ?講習会への遅刻・途中退室は認めない。

認定方法:??を満たした施設に対し、心臓いきいき在宅支援施設認定証を発行する。

4.講習会参加費

無料

 

5.講習会受講申し込み方法

申込期間:原則、講習会開催日の約1か月前から1週間前までとする。

※ 講習会は当日参加も可能ですが、会場の都合により受講できない場合があります。

※ 申し込み用紙は広島大学病院心不全センターおよび各開催施設のホームページに掲載しますので、各自ダウンロードし、ファックスまたはメールにてお申し込みください。

 

申し込み先:対象施設の所在地と同じ医療圏の開催施設とする。

※ 都合がつかない場合は、他医療圏の開催施設で受講いただいて構いません。

 

詳細は添付ファイルをご覧ください。

添付ファイルに以下の訂正があります。

【安佐市民病院】開催日時

(変更前)第1回 2018年8月  9日(木)18:30〜20:00

     第2回 2018年9月21日(金)18:30〜20:00

(変更後)第1回 2018年8月  9日(木)18:30〜20:30

     第2回 2018年9月20日(木)18:30〜20:30

主催者
その他
受講対象者
分類
その他の講習会 
地域
その他 該当なし
添付ファイル
添付ファイル(2)
ページトップ