訪問リハビリテーションフォーラム2018

会員の皆様

訪問リハビリテーションフォーラム2018

 

【開催趣旨】

今年度は、2018 年の医療介護保険同時改定を踏まえた在宅リハビリテーションの指針を確認するとともに『他職種との協働』をテーマとしました。
 
特別講演は、厚生労働省担当官から
「2018 年度診療報酬・介護報酬改定からみたリハビリテーション専門職に期待すること」、

基調講演は
在宅医療に従事されている医師から「在宅医療からの訪問リハビリテーションに期待すること」。
シンポジウムでは、訪問リハビリテーションと訪問看護の協働、訪問リハビリテーションと介護支援専門との協働、訪問リハビリテーションと訪問介護との協働について、課題を共有しながら対策を討論し一定の方向性をまとめていきます。

一般の方、医療関係・福祉関係職種の方々にご参加頂けますので、お知り合いの方お誘いあわせの上
お越しいただければ幸いです。

 

【主催】

(公社)日本理学療法士協会・(一社)日本作業療法士協会・(一社)日本言語聴覚士協会

 

【日時】

2018年5月20日(日) 9:30〜12:50(受付開始8:45)

 

【スケジュール】

1.開会式   (9:30〜9:35)   

2.特別講演 (9:35〜10:05)  
『 平成30 年度診療報酬・介護報酬改定からみたリハビリテーション専門職に期待すること 』
 鈴木 健彦 氏(厚生労働省 老健局 老人保健課 課長)

3.基調講演 (10:05〜10:55) 
『 在宅医療からの訪問リハビリテーションに期待すること 』
 柏木 潤一 氏(柏木クリニック 院長)

〜休憩 10分間〜

4.シンポジウム
?訪問リハビリテーションと介護支援専門員との協働に向けた現状と課題(11:05〜11:25)
 中林 弘明 氏(一般社団法人 日本介護支援専門員協会 常任理事)
?訪問リハビリテーションと訪問看護との協働に向けた現状と課題(11:25〜11:45)
 佐藤 美穂子 氏(公益財団法人 日本訪問看護財団 常務理事)
?訪問リハビリテーションと訪問介護との協働に向けた現状と課題(11:45〜12:05)
 馬袋 秀男 氏(一般社団法人『民間事業者の質を高める』全国介護事業者協議会 特別理事)
全体討論        (12:10〜12:40)

5.閉会式   (12:45〜)

6.終了    (12:50)

【参加費】

1,000円(税込)当日受付にてお支払いください

【定員】

500名※どなたでもご参加いただけます

 

【申し込み】

https://fs219.xbit.jp/n954/form6/

主催者
日本理学療法士協会
受講対象者
広島県理学療法士会会員  他都道府県理学療法士会会員  保健医療福祉従事者 
開催期日
2018年5月20日
会場
東京ビッグサイト(国際展示場)1階レセプションホールB
定員
500名
受講費
1000円
分類
その他の講習会 
地域
その他 該当なし
添付ファイル
添付ファイル(1)
ページトップ