【第1報】第4回協会指定管理者研修会(広島)

第1報として開催日をいち早くお知らせいたします。
内容の詳細、申込方法(申込開始日)につきましては5月末〜6月上旬に改めて掲載いたします。
 
 
日本理学療法士協会では、
1)県士会、ブロック、市町村へとミクロ化する組織対応範囲の充実
2)医療・介護の再編に対する対応能力の強化
3)多様な職場に勤務する理学療法士の質の向上のための管理者能力の強化
の目的のため、管理者の人材育成のための研修システムを構築しました。
 
詳細は日本理学療法士協会のウェブページをご参照ください。
 
この研修会は、協会指定管理者研修の受講要件を満たすための士会主催のマネジメント研修と協会指定管理者研修の両方を受講したことになり、この研修会を受講することで、協会指定管理者(初級)を取得できます。
 
「協会指定管理者研修」受講は、「専門理学療法士ならびに認定理学療法士資格取得および更新に関わる履修ポイント基準」の大項目2 講習会・研修会等の受講 3)協会主催研修会の20ポイントが付与されます(領域:管理・運営)。
 
 

概要:

日時:平成30年8月19日(日) 10:00〜15:30(受付9:30〜)(予定)
場所:広島大学霞キャンパス 広仁会館・中会議室
定員:50名
参加費:無料
 
 

対象:

広島県理学療法士会会員のうち、管理に従事している者(注1)
 
 

プログラム:

1.マネジメントに関する講義
講師 広島大学病院 伊藤 義広
 
2.協会指定管理者研修
講師 広島県理学療法士会 副会長 甲田 宗嗣
 
回復期セラピストマネージャー(一般社団法人回復期リハビリテーション病棟協会)、訪問リハビリテーション管理者(一般財団法人訪問リハビリテーション振興財団)の取得者は、協会指定管理者研修のみの参加でも構いません。(申込時に証明書等を添付すること
 
 

問い合わせ先:

職能・調査部長 甲田宗嗣
craft(a)hpta.or.jp
※迷惑メール防止のため@を(a)に変更しています
 
 
注1:
管理に従事している者とは、部下を持つもしくは部下はなくても業務上の責任ある立場として、組織から指示を受け活動している方のことです。主任等の名称でなくても小規模施設で管理に従事したり、病棟リーダーなど別の名称で何らかの管理業務に従事したりする者も含まれます。また、教員も含まれます。
主催者
広島県理学療法士会
受講対象者
広島県理学療法士会会員 
開催期日
2018年8月19日
会場
広島大学霞キャンパス 広仁会館・中会議室
定員
50名
分類
専門・認定理学療法士制度対応講習会 
地域
広島南 
添付ファイル
添付ファイル(0)
ページトップ