スポーツ活動支援人材バンクの創設について

スポーツ活動支援人材バンクの創設について

 

 

         公益事業局長 高村  剛
健康・スポーツ部長 船引達朗

 

 平素より会員の皆さまには当会事業に格別のご高配を賜り、厚く御礼を申し上げます。
これまで公益事業局・健康スポーツ部では国際・国内車いすテニス大会ピースカップ広島、高校野球メディカルサポートなどのスポーツ支援事業において会員の皆さまの多大なるご協力のもと毎年活動を継続することができております。選手をはじめ関係団体からも多くの感謝の言葉をいただいております。
 今年度、健康スポーツ部ではより一層のスポーツ支援充実、リーダー、中核人材の育成を目的としてスポーツ活動支援人材バンク(以下;人材バンク)を創設する運びとなりましたのでお知らせさせていただきます。
 日本理学療法士協会でも2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて対策本部が立ち上げられ大会後も見据えた検討が進められています。広島県でもスポーツ支援事業で活躍できる理学療法士を育成し、その中からオリンピック・パラリンピックの一端を担えるような人材が育つことを楽しみに企画を進めて参りました。人材バンクへの登録を希望される方は要綱(添付ファイル)を熟読いただき、以下の手順で申し込みをお願いします。なお、ご登録いただいた方には当会スポーツ支援事業について士会ホームページ掲載内容をいち早くご案内させていただこうと思います。これまでスポーツに携わってこられた方はもちろん、これからスポーツに興味を持って活動していきたいという皆さまからの申し込みをお待ちしております。

〜申込方法〜
 1)まずは申込用フォームを入手ください。

  本コンテンツの添付ファイルの登録申請書をダウンロードもしくは申込先アドレスの船引宛に登録申請書の請求をメールにてお願いします。

  (船引宛のメールにて登録申請書を請求され場合その後エクセルの申込フォームをメールにて返信いたします。)

   2)入手後、メールにて件名「スポーツ活動支援人材バンク申込」として下記のアドレスへ登録申請書(別添付ファイル)に記入添付のうえ、個人毎にお申し込み下さい。

〜申 込 先〜
      health@hpta.or.jp(健康スポーツ部長 船引 宛)

添付ファイル

添付ファイル(2)
ページトップ