当会が関わっている尾道ダイハツ販売の健康安全運転講座が中国新聞に掲載されました。

当会が関わっている尾道ダイハツ販売の健康安全運転講座が中国新聞に掲載されました。

当会が関わっている尾道ダイハツ販売の健康安全運転講座が中国新聞に掲載されました。

「高齢者 健康で運転を」

高齢者ドライバーを対象にした健康安全運転講座が15日、三原市皆実の自動車販売店であった。理学療法士や日本自動車連盟(JAF)職員が運転操作などを指導。参加者は自動車ブレーキを搭載した車にも試乗した。

約20人が参加。県立広島大学三原キャンパスの理学療法士から、年を取るにしたがって物損事故が起きやすいなどと説明を受けた。認知症を防ぐ運動も学んだ。JAF職員が車の周りにコーンを置き、運転時の資格や正しい姿勢を説明した。自動ブレーキ搭載車の試乗では、障害物を検知すると止まったり、急発進を防いだりする機能を体験した。

尾道ダイハツ販売(尾道市高須町)が、高齢者の事故防止や運転能力の維持を目的に開いた。参加した皆実の中山 昭夫さん(89)は「学んだ内容を生かして、安全運転に努めたい」と話していた。

(政綱 宜規)

添付ファイル

添付ファイル(0)
ページトップ