平成30年度備北支部事例検討会を開催しました

平成30年度備北支部事例検討会を開催しました

日時:2018年10月12日(金) 19:00〜20:00

会場:市立三次中央病院

演題:下腿骨折に対する荷重訓練に注目して〜あなたならどのように促しますか?〜

参加者:23名  

 

  今年は事例1題について、グループディスカッションを行いました。経験年数2年目の理学療法士が担当した症例で、患者様の恐怖心が強く、荷重訓練に難渋した事例でした。

  参加者には、急性期、回復期、生活期などに携わる理学療法士がいました。生活期に従事する療法士にとっては、急性期の患者様の治療についてイメージがしにくい部分があったり、急性期に従事する療法士でも、経験年数によって視点が変わったりしました。活発に意見交換が行えたことで、臨床のヒントを得ることや、業務における相互の繋がりをまた一段と深めることができたと思います。

 

添付ファイル

添付ファイル(0)
ページトップ