備北支部 第1回支部研修会を開催しました

備北支部 第1回支部研修会を開催しました

日時:平成30年9月21日(金) 19:00〜20:30

場所:三次地区医療センター (リハビリテーション室)

講師:長谷川 正哉氏 (県立広島大学 保健福祉学部 理学療法学科 准教授)

参加者:35名  

 

 今回の研修会は、「足部とフットウェアから考える姿勢制御」をテーマに県立広島大学保健福祉学部理学療法学科の長谷川先生にご講義いただきました。  

 足のタイプや運動、足部障害についてだけでなく、靴の履き方や脱ぎ方のコツ、それに適した靴のことなど、動作指導や環境設定など幅広い視点でみることを教わりました。靴の固定や適合したものの選定方法などの細かいことまで知ることができました。  

 また、実習を通して靴の強度・デザインで身体に様々な影響が出ることを改めて実感できる勉強会になりました。  

 今回の研修会を受けたことで、靴のことで悩まれている患者様に少しでも身体にあった靴を選んでもらえるように得た知識を生かしていければと感じました。他支部や他職種の方の参加もあり、今後の臨床現場で実践することが出来る有意義な研修会になりました。                              

報告者:備北支部学術部 岡崎 大輝                                 (松尾整形外科リハビリクリニック)

添付ファイル

添付ファイル(0)
ページトップ