第1回広島南支部研修会を開催しました

第1回広島南支部研修会を開催しました

 9月29日(土)に広島大学医学部保健学科で開催されました。

 今回は、広島大学病院の島田昇先生をお招きし、日本と海外の理学療法の違いを海外留学の経験を基に講演していただきました。国内と異なり海外では理学療法士の立場は高いことなど、普段は海外の理学療法士を取り巻く環境を知る機会は少なく、この度の研修会はとても貴重な内容でした。参加者からも活発な質問が多かったことから、海外の理学療法に触れることに対し、とても興味がかき立てられた研修会となりました。

添付ファイル

添付ファイル(0)
ページトップ