HPTA NEWS One step255を発行しました

HPTA NEWS One step255を発行しました

今年の夏の西日本豪雨により、亡くなられた方々へのご冥福をお祈りするとともに、被害に遭われた方々に対し、心よりお見舞い申し上げます。

一日も早く復旧、復興がなされますことを心よりお祈り申し上げます。

今号では小児理学療法を特集に掲載しました。小児の医療・療育は施設から地域への移行と多職種連携という変容の過程にあり、多様な機関で小児理学療法が実施されるようになっています。広島県内の小児理学療法の現状や課題、そして、理学療法士の思いを会員の皆さまに知っていただければ幸いです。

これから、「○○の秋」がやってきます。人それぞれ「○○」に入る言葉は異なってくるかとは思いますが、会員の皆さまにとって仕事、プライベートともに実り多い秋となるよう期待しています。

 

HPTA NEWS One step255を発行しました。

今号では、

・久保 高行先生を偲んで

・役員変更のお知らせとご挨拶

・特集 小児理学療法

広島県における小児理学療法の現状と課題 志村 司先生

インタビュー NICUの理学療法 佐々木 寛美先生(県立広島病院)

・広報局スタッフ Short Interview

・テクニカルスタンダード「新人理学療法士が知っておきたいフレイルとサルコペニア」

を掲載しました。

是非、ご覧ください。

添付ファイル

添付ファイル(0)
ページトップ