第1回広島県障害者スポーツ協会強化指定サポート事業研修会報告

第1回広島県障害者スポーツ協会強化指定サポート事業研修会報告

日時:平成30年4月4日18:30〜20:00

場所:広島県理学療法士会事務所

参加者:18名

講師:

1.サポート事業概要:浜脇整形外科病院 船引 達朗 氏

2.スポーツ医科学センター活動概要:広島大学病院スポーツ医科学センター 平田 和彦 氏

3.トレーナー活動報告:あさひ整形外科クリニック 森田 哲司 氏

4.情報交換会

 

平成30年度より当会は広島県、広島県障害者スポーツ協会、広島大学病院スポーツ医科学センターと連携して強化指定選手のサポート事業を行うことになりました。これまで強化指定選手の育成事業は競技団体などを中心に中央で行われることが主でした。広島県では2020東京パラリンピックを目指す地元選手を地元で強化育成を行うサポート体制の構築にはじめて取り組みます。

 今回の研修会の具体的な内容は医科学的な観点から選手の競技力を強化するための取り組みについて広島大学病院スポーツ医科学センターのメディカルチェック内容やフィールドテストへの展開、選手サポートの実践的活動報告など実際に存在する課題や目標について参加者で共有する内容となりました。当会は将来のパラリンピアン誕生に向けて関係団体と連携して強化を行っていきます。サポート事業に共に取り組んでいただける会員も随時募集していますので、興味がある会員の皆さんはスポーツ人材バンクへ登録をお願いいたします。(http://hpta.or.jp/modules/report/index.php?content_id=6

添付ファイル

添付ファイル(4)
ページトップ