広島県内の小児理学療法の現場

広島県内の小児理学療法の現場

広島県内の小児理学療法の現場

通所での小児理学療法

吉岡 政子 先生 (医療法人ハートフル アマノリハビリテーション病院  放課後等デイサービス スマイリー)

気管切開や呼吸器装着等の医療的ケアが必要な就学年齢のお子様を対象に、医師・看護師・児童指導員と共に自立支援と日常生活の充実のための支援を行っています。理学療法士は、活動時のポジショニングや呼吸理学療法等の関わりが中心ですが、一人一人の反応を大切にしながら、様々な社会経験が行えるような活動を提案・実施できることに、とてもやりがいを感じています。

入所での小児理学療法

柴田 邦宏 先生(広島県立障害者リハビリテーションセンター)

当センターは入所、通所、外来部門を併設しており、理学療法の目的は多岐にわたります。長期療育目的児の発達・生活支援、短期治療目的児(手術、ボツリヌス療法、機能訓練など)に対する治療、重症心身障害児(者)に対しては日常の全身状態のケア、成人脳性麻痺者の二次障害への対応など、求められている役割や課題は山積しています。

在宅での小児理学療法

菅原 道俊 先生(IGL訪問看護ステーション)

在宅では、疾患と成長の状況・生活の状況に応じて必要な理学療法を提供していくことを目的としています。この写真は、ご両親と特別支援学校の教諭と一緒に、訪問授業での坐位姿勢の状況などを伺いながら、坐位保持装置でのシーティングに関する情報を共有している一場面です。これからの成長が更に楽しみになる瞬間でした。

ページトップ