INTERVIEWー変遷する社会保障制度に柔軟に対応できる理学療法士になるためにー

INTERVIEWー変遷する社会保障制度に柔軟に対応できる理学療法士になるためにー

変遷する社会保障制度に柔軟に対応できる理学療法士になるために

第22回広島県理学療法士学会 学会長
公益社団法人 広島県理学療法士会 事務局長
坂口 暁洋(訪問看護ステーションみなみ)

第22回広島県理学療法士学会のテーマに込められた思いについて教えてください。

私は、訪問でのリハビリテーションの事業所で汗を流していますが、介護保険を取り巻く制度の変化によって、理学療法士が活躍できる場が広がったと思います。特に、介護予防・日常生活支援総合事業 (以下、総合事業)では介護予防に対して理学療法士を始めとするリハビリテーション専門職等の役割が明示され、今後も予防事業に携わる理学療法士は増えていくでしょう。医療保険では、ADL維持向上等体制加算の新設のように理学療法士の新たな働き方に繋がる変化があります。その一方で、厳しい改定があるのも事実です。

第22回広島県理学療法士学会では、「変遷する社会保障制度に柔軟に対応するために理学療法士としてどうすべきか」を真剣に議論する場にしたいと思い、このようなテーマとしました。

地域包括ケアシステムが頻りに叫ばれる中で、理学療法士が患者さん、利用者さんの生活を見据えて理学療法を行うことに違和感を覚える人はいないでしょう。しかし、その中で少し懸念していることとして、「理学療法の専門性が薄れてきているのでは?」という点です。担当者会議や地域ケア会議等の場で理学療法士に求められているのは、身体の専門家としての意見ではないでしょうか。もちろん、会議の空気感を適切に読み取った上で発言することも必要ですが、理学療法士としての専門性を活かした内容で、かつ分かり易い言葉で表現することが大事だと思います。

「身体の専門家」として身体に関する知識を活かして治療すること、もしくは他職種に具体的な方法を提案できること、この点はいくら制度が変わっても変わらずに受け継いでいく必要があるでしょう。

変遷する社会保障制度に柔軟に対応するために、職能団体である広島県理学療法士会が果たすべき役割はどのようなことでしょうか?

広島県理学療法士会(以下、当会)が職能団体として果たすべき役割はたくさんありますが、私は「教育」と「会員間交流の場」だと思います。自分たちの専門性を忘れずに、他職種の中で堂々と専門性を発揮できる人材を育てていく責任がありますね。そのために様々な研修会を開催していますので、積極的に参加して意見交換をしてほしいです。研修の場を提供するとともに、頑張っている若い会員には、講師として人前で話す機会が持てるよう努めています。人前で話すことは、聞く側よりも何倍も勉強になりますので、講師をできるような若い人材の発掘も教育の一貫として大事ですね。

当会は現在、会員数が3,000名に迫る規模の職能団体となりました。職場はそれぞれ別ですので、普段顔を合わせる機会は多くない中で、当会主催の様々なイベントを通して会員間のネットワークが作られることは非常に大事だと思います。同じような疾患に対する理学療法であっても、職場が違えばどのような理学療法を行っているか知る機会は意外と少ないのではないでしょうか。様々な職場の理学療法士が集まる当会のイベントで、異なる職場の理学療法士との交流を通じて、自身の職場を見直すきっかけになることもあるでしょう。

また、社会に対しても当会が果たすべき役割はあると思います。当会の目指す方向性をはっきりと見定め、市町や他職種に働きかけていく必要がありますね。

当会としてどんな理学療法士を育成していきたいですか?

生活を見据えて、医療の視点で関わることができるのは当然ながら、患者さんや利用者さん、さらには協働する他職種に分かりやすい言葉で説明し、足並みを揃えて目標に向って歩みを進めることのできる人材を育てていく必要があると思っています。小難しく伝えるのでなく、評価をもとに身体の専門家の立場から当たり前のことを当たり前に伝える、それができれば十分ではないでしょうか。そのためにも、理学療法の世界で、今も昔もこれからも変わらない治療法としての原点を忘れないようにする必要があります。

当会は新人教育だけでなく、職場管理者の養成にも力を入れ、職場内教育が活性化するような努力を行っています。

学会開催に向けて県内の理学療法士にメッセージをお願いします。

超高齢社会に対応するために、急性期病床の機能分化、地域包括ケア病棟の新設、回復期リハビリテーションの質の評価等、社会保障制度は目まぐるしく変化しています。その中に、がん患者リハビリテーション料やADL維持向上等体制加算の新設、総合事業におけるリハビリテーション専門職等の関与等、理学療法士にとって追い風となりうる変化があることは嬉しいことです。理学療法士は、社会が大きく変化する中で、『社会の変化を敏感に感じ、柔軟に変化すべき点』そして、『社会が変わっても変わらず持ち続けていくべき点』をしっかりと見極め自らの存在価値を社会に発信していくことが求められます。

社会保障全体が大きく変わる中で、われわれ理学療法士はどのように社会に対応していく必要性があるのでしょうか?

平成29年12月3日に開催される第22回広島県理学療法士学会では、特別シンポジウム「理学療法士の評価能力と治療技術の質の向上をどうしていくべきか」というテーマでの議論など、盛りだくさんの企画を予定しております。運営スタッフ一同、参加者にとって当日が実りある学会となるよう全力で準備を進めていきます。当日、会場で皆さまとお会いできるのを楽しみにしております。

第22回広島県理学療法士学会ホームページ

https://22kaihiroshimapt.jimdo.com/

ページトップ