PT's Voice

Practice

新人理学療法士のためのがんのリハビリテーション
2015年、がん生存者は、500万人を超えると予測されています。世の中は「がん=死」からがんとともに活きる時代に変わりつつあります。そのため、新人理学療法士でもがん患者を担当することもあると思います。本稿ではがんのリハビリテーションで知っておく知識について簡単に概説します。
2018年10月20日
広島県内がんリハ4施設
広島県にはがん診療連携拠点病院は、国指定と県指定を合わせると16カ所あります。その中の3医療機関と、訪問看護ステーションの理学療法士とがん患者さんとの関わり方についてうかがいました。
2018年10月13日
「緩和ケア」と「がんリハ」の連携でがん患者さんの「活きる」を支える。
今や、がんは「不治の病」と言われた時代から「共存」する時代になっています。よりよい治療を続けるために、「がんリハ」と「緩和ケア」の両チームが連携して治療に当たるという新しいシステムを導入した市立三次中央病院のスタッフの方々にお話をうかがいました。
2018年10月13日
がんリハの取り組み―乳がん患者Mさんの場合―
実際にがんのリハビリテーションを行う理学療法士と意欲的にリハビリ取り組まれる患者さんの声を掲載しました。
2018年10月13日
がんの実状とリハビリテーションの「今」
世の中は「がん=死」から「がんとともに活きる」時代に変わりつつあります。がんの治療の中には身体への負担が大きいものも多く、その治療を続けながら、体力の低下した身体(身体の不自由が残った状態)で生活していくことは簡単なことではありません。そんな中、がんの治療と並行して体力を回復したり、日常生活をできるようにリハビリテーションを行うニーズが高まりつつあります。
2018年10月13日
Short INTERVIEW―教育局―
教育局のスタッフを紹介します。 研究・教育について皆様を サポートしています
2018年10月11日
テクニカルスタンダード―新人療法士のための脳画像の基礎知識―
理学療法士が脳卒中を発症された患者さんに関わる上で、知っておくべき脳画像の基礎知識について紹介します。
2018年10月10日
Short INTERVIEWー広報局ー
広報局のスタッフを紹介します。 ホームページやSNS等を通した 会員への円滑な情報発信、会員 外に対する理学療法の啓発活動を行っています。
2018年10月7日
INTERVIEW―NICUの理学療法―
広島県では2ヶ所の総合周産期母子医療センターと8カ所の地域周産期母子医療センターを中心とした、周産期医療施設・産科医療機関との連携体制を確保しています。 今回、広島県の総合周産期母子医療センターの一つである県立広島病院のNICUで活躍される佐々木 寛美先生にお話を伺いました。
2018年10月7日
広島県内の小児理学療法の現場
広島県内の小児理学療法を行っている理学療法士の声を集めました。「小児理学療法」と言っても、様々な疾患や障がいがあり、児の成長と生活の状況に応じて必要な理学療法が行われています。
2018年10月5日
広島県における小児理学療法の現状と課題
小児の医療・療育は施設から地域への移行と多職種連携という変容の過程にあり、多様な機関で小児理学療法が実施されるようになっています。今回、広島県立障害者リハビリテーションセンター 副所長 兼 若草園園長の志村 司 先生に小児のリハビリテーションの変遷と課題についてお聞きしました。
2018年10月1日
SPECIAL INTERVIEWー理学療法士が社会的に飛躍し、よりよい社会を創造していくためー
「診療報酬」「介護報酬」「指定規則」など理学療法士を取り巻く法律や制度は変化しつつあり、理学療法士は今後、政治を知り、参 画していく必要性がますます高まると思われます。今回、日本理学療法士連盟 顧問(前会長)としてご活躍されている田中 まさし先生に医療・介護の現状と理学療法士が取り組むべき課題についてお聞きしました。
2018年7月28日
広島県内の認定理学療法士の紹介
認定理学療法士は年々増加しています。若手の理学療法士はなぜ、認定理学療法士を目指すのでしょうか?その動機や経緯、今後の抱負について広島県内の認定理学療法士に教えてもらいました。
2018年7月28日
INTERVIEWー理学療法士と生涯学習ー
新人理学療法士がスキルアップやキャリアデザインをしていくためどのように生涯学習を進めていけばいいかと考えることがあると思います。今回は理学療法士の生涯学習や広島県理学療法士会の現状とその取り組みについて教育局長の島田 昇先生にお聞きしました。
2018年7月25日
Short INTERVIEW―学術局―
理学療法士の学術活動の普及と推進を目指し、広島県理学療法士学会の運営サポート、学術誌「理学療法の臨床と研究」の発行を行っています。
2018年4月21日
SPECIAL INTERVIEWー地域で必要とされる「ジェネラリスト」という専門性ー
社会のニーズが多様化することにより理学療法士は院内で脳卒中や運動器疾患だけでなく、虚弱、内部障がい、先天性疾患、難病など様々な疾患、障がいの理学療法やリハビリテーションを地域で提供することが求められます。では、理学療法士はどのようにして、様々な疾患や対象者に対応する力をつけていったらいいのでしょうか? 今回はアマノリハビリテーション病院の山本恵子先生にご自身の経験やお考えをお聞きしました。
2018年4月15日
Short INTERVIEWー職能調査部ー
職能調査部は医療・介護の動向を把握し、診療報酬・介護報酬に関連した情報提供を行う部門です。
2018年1月25日
SPECIAL INTERVIEWー神経筋疾患患者へのエビデンスに基づく理学療法の確立とその普及を目指してー
神経筋疾患の多くは進行性疾患です。疾患が進行していく中で理学療法士はどのようなことを考えながら、対象者と関わるのでしょうか。今回は神経筋疾患患者に理学療法を行っている佐藤 善信先生(独立行政法人国立病院機構 広島西医療センター)に神経筋疾患患者に関わる理学療法士の活動や思いをお聞きしました。
2018年1月16日
【対談】地域包括ケアの中で理学療法士に期待すること
日本社会の高齢化が進む中、地域包括ケアは今後さらに重要となります。当会では平成26年から地域包括ケア推進リーダー、介護予防推進リーダー研修を開始し、地域包括ケアの中で活躍できる人材育成を行っています。今回は広 島市の地域包括ケアの現状や地域包括ケアの中で理学療法士に期待することについて広島市健康福祉局 高齢福祉部 地域包括ケア推進課長の荻原 和宏さんにお聞きしました。
2018年1月6日
新年のご挨拶2018
新年あけましておめでとうございます。当会の会長・副会長から新年のご挨拶を申し上げます。
2018年1月1日
INTERVIEWー変遷する社会保障制度に柔軟に対応できる理学療法士になるためにー
第22回広島県理学療法士学会開催にあたり学会長である坂口 暁洋先生に学会のテーマに込められた思いや変遷する社会保障制度に柔軟に対応するために広島県理学療法士会が果たすべき役割についてお聞きしました。
2017年10月14日
教育局研修会 (腎臓リハビリテーション)を受講して (県立広島病院 梶川菜津美 先生)
平成29年1月14日に広島大学広仁会館にて平成28年度教育局研修会 「腎臓リハビリテーション」が開催されました。腎臓リハビリテーションは、近年、少しずつ普及してきていますが、まだまだ腎臓リハビリテーションという言葉を聞きなれない方も多いかもしれません。今回は参加者の一人 梶川奈津美 先生 (県立広島病院)に参加の目的や受講しての感想などをお聞きしました。
2017年1月17日
講師の声 【新人教育プログラム研修会】
平成28年10月30日 (日)にRCC文化センターにて平成28年度新人教育プログラム研修会が開催されました。当日は、今年4月に入会した新人を中心に多くの理学療法士の参加がありました。そんな中、誰よりも勉強になったのは、初の講師として晴れの舞台にたった西谷直樹先生(県立広島病院)かもしれません。今回、講義の準備で工夫したことや当日の感想についてお聞きしました。
2016年11月8日
受講者の声 【新人教育プログラム研修会】
平成28年10月30日(日)にRCC文化センターにて平成28年度新人教育プログラム研修会が開催されました。当日は、今年4月に入会した新人を中心に多くの理学療法士の参加がありました。そんな中、ひときわ輝いて講師の話に熱心に耳を傾ける新人に出会いました。そんな林 誠也先生 (山本整形外科病院)に新人教育プログラム研修会の感想や今後の目標についてお聞きしました。
2016年11月1日
認定理学療法士に聞くNo.2
新人教育プログラムを修了して、さらなる高みを目指す理学療法士がいます。そのような理学療法士は認定理学療法士を取得し、その数は年々増加しています。今回は、認定理学療法士(循環)を取得された富田 瑛博さん(広島市立安佐市民病院)にお話を聞きました。
2016年9月19日
認定理学療法士に聞くNo.1
新人教育プログラムを修了して、さらなる高みを目指す理学療法士がいます。そのような理学療法士は認定理学療法士を取得し、その数は年々増加しています。今回は、認定理学療法士(脳卒中)を取得された川野 義晴さん(広島市立リハビリテーション病院)にお話を聞きました。
2016年8月30日
ページトップ